記念硬貨一覧に発行枚数が少ないプレミアなら

記念硬貨自体が支払いとして機能できるかどうかという点で考えれば、基本的に可能です。店側に拒否をする権利はないので、支払いを拒否すれば、法律的に問題が生じます。硬貨に関しては、同じ硬貨を一度に20枚まで出すことを、お店が拒否することができませんので、記念硬貨だけで買い物ということも可能です。
しかし、そのような使い方をするのはあまり賢いとは言えません。なぜなら、記念硬貨が世の中に出回っている枚数が少なければプレミア価格として額面以上の価値を有する可能性があるからです。
最低でも硬貨の価値は保証されている上に価値が上がるかもしれないということで考えれば、古物商などに持っていくことがいいのではないでしょうか。ネットで記念硬貨一覧というものも掲載しているサイトもあるので、プレミアなのかどうかはある程度わかると思います。一覧にあるものはあくまで発行枚数であり、状態の良し悪しなどでも価値は変わるので、専門家に見てもらうことをお勧めします。プレミア価格がつくものも記念硬貨一覧の中にあるケースも少なくないので、鑑定してもらったらいかがでしょうか。ただ、個人的にはほとんどの場合はプレミア価格どころか、二束三文の価値しか上乗せされないことが多いですけど。意外にも一覧表を見ると発行枚数の多さがわかりますので(参考:オークションより判明)。

Feel free to leave a comment...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!