Archive for 6月, 2016

記念硬貨は預金出来るのか

 date 6月 28, 2016    comments  Leave a Comment   postedby  

記念硬貨はお店でそのまま使用出来ます。しかし、店員さんに驚かれるでしょう。歓迎されないので、銀行で預金してみました。窓口で聞くと口座と預金通帳があれば、出来るようです。入金申込書に必要事項を書いて窓口に持っていき、記念硬貨と預金通帳を渡します。窓口担当の方から呼び出され、預金後の通帳を受けとれば完了です。
ATMからは入金出来るものと出来ないものがあります。平成14年以降に発行されたものと、地方自治60年記念硬貨以外のものは入金出来ます。
入金出来ないものはサイズか現在の特に500円玉は違うので、機械が認識してくれないからです。地方自治60年記念硬貨は現在の硬貨と材質が異なるために、これも機械が認識してくれないからです。それ以外は窓口から入金してもらい預金しましょう。
または、銀行で記念硬貨を両替してもらってから、自分でATMで入金することも出来ます。でもそれだと面倒なので、窓口で入金する方法が一番簡単で早く出来るでしょう。
預金にすることは可能ですが、少ない金額なら銀行で両替してもらって、普通に使うのが良いです。すぐに、その場で行ってもらえて便利です。沢山持っている場合には預金しても良いでしょう。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12130894857

記念硬貨を上手に売るには

 date 6月 24, 2016    comments  Leave a Comment   postedby  

いろいろな行事や建物が新しく建った時、または歴史的な人物の生誕日や没日などを祈念して作られることがある記念硬貨。この記念硬貨を毎回購入して収集して楽しんでいるという人も多いのではないでしょうか。
しかし、たくさんありすぎて整理をしようと思っている人や手放そうと思っている人もいることでしょう。そのような時に上手に売るにはどのようにしたらよいのだろうか、と思いますよね。
記念硬貨を上手に売るにはまず自分達でどのような記念硬貨がどれくらいあるのかきちんと把握をしておくことが大切です。売るには店などに持ち込む場合もありますし、今は電話やインターネットなどで見積もりをしてもらったりすることもできます。そのような時にきちんとした見積もりを出してもらい、売るにはいくらになるのか、ということを知るためには、情報をできるだけ簡潔にできるだけ間違いのないように相手に伝えることが大切となってきます。本当に買取をしてもらう価格と見積価格の差をなくすためには大切なこととなってきます。そして自分達がここなら信用できるという所を見定めてそこにお願いをすると良いでしょう。今まで大切にしてきた記念硬貨。売ると言っても丁寧に扱ってくれるところにお願いしたいものです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1371637403

記念硬貨は使えないなんてことはない。

 date 6月 19, 2016    comments  Leave a Comment   postedby  

記念硬貨という物をご存知でしょうか?様々な出来事が起きた時に記念として造幣局が発行する硬貨のことです。額面は500円か1000円が主です。1000円硬貨だなんて面白いですね。硬貨らしからぬカラフルなデザインが施されており、特別感があります。
以前、「記念硬貨は通貨として使えるの?」という質問を見かけましたが、この記念硬貨、硬貨には変わりありませんので使えないということはないのです。きちんと法も整備されていまして、使えます。ただし自動販売機など、機械相手の場合では対応していないこともあるので注意。一般的な小売店など、店頭で買い物をする時には使えます。ただし店員さんが記念硬貨の存在を知らない時などには何かしらトラブルがあるかもしれません……。その時は店長さんを呼びましょう。
そんな、使えないことはない記念硬貨ですが、持っている人に使えますか?と訊くと恐らく、使えないと返されるでしょう。記念硬貨は基本的にコレクションを目的とした物です。日常の買い物でコレクションアイテムを手放すような人は、そもそもコレクターには圧倒的に向いていないでしょう。
法的には使える記念硬貨、しかし精神的には使えない記念硬貨。酔狂な人が日常の買い物で使った記念硬貨が、巡り巡ってお釣りで手渡される……なんて小さな奇跡が起きることもあるのでしょうか。

記念硬貨のランキング

 date 6月 8, 2016    comments  Leave a Comment   postedby  

記念硬貨には、ランキングがありそれぞれに違う価値がついています。かなり古い記念硬貨であっても世の中にかなりの数が出回ったものならば、その分価値が低くなりランキングではかなり下のほうになります。
記念硬貨や、記念貨幣はオリンピックや新しい天皇が即位した時など、国家の重大な行事において発行されるものでデザインは通常の硬貨よりも大きく異なり多くのものが高級感も違います。最も国内で有名だと言われているのが天皇即位記念の10万円の記念硬貨です。
これは文字通り10万円分の価値があり、当然10万円札に両替することも出来る金銭的にも高い価値を持っています。また素材も純金で出来ているので通常の硬貨よりもはるかに重く、30gの重量があります。元々の値段にも価値がある上に素材や作りに関しても高い評価をされているので、この天皇即位記念の10万円硬貨はランキング上でも最も高い位置にあるといって良いです。おそらくオークションなどで出品されれば状態の良いものであれば100万円近くの値がつきます。また他にランキングの高い硬貨として東京オリンピックの記念硬貨はかなり価値が高いです。その理由は素材が銀でできているからで、ランキングには作られている素材がかなり重要な割合を占めていることが分かります。

記念硬貨一覧に発行枚数が少ないプレミアなら

 date 6月 5, 2016    comments  Leave a Comment   postedby  

記念硬貨自体が支払いとして機能できるかどうかという点で考えれば、基本的に可能です。店側に拒否をする権利はないので、支払いを拒否すれば、法律的に問題が生じます。硬貨に関しては、同じ硬貨を一度に20枚まで出すことを、お店が拒否することができませんので、記念硬貨だけで買い物ということも可能です。
しかし、そのような使い方をするのはあまり賢いとは言えません。なぜなら、記念硬貨が世の中に出回っている枚数が少なければプレミア価格として額面以上の価値を有する可能性があるからです。
最低でも硬貨の価値は保証されている上に価値が上がるかもしれないということで考えれば、古物商などに持っていくことがいいのではないでしょうか。ネットで記念硬貨一覧というものも掲載しているサイトもあるので、プレミアなのかどうかはある程度わかると思います。一覧にあるものはあくまで発行枚数であり、状態の良し悪しなどでも価値は変わるので、専門家に見てもらうことをお勧めします。プレミア価格がつくものも記念硬貨一覧の中にあるケースも少なくないので、鑑定してもらったらいかがでしょうか。ただ、個人的にはほとんどの場合はプレミア価格どころか、二束三文の価値しか上乗せされないことが多いですけど。意外にも一覧表を見ると発行枚数の多さがわかりますので(参考:オークションより判明)。